使用する3つの必須スキル Sunu Band 移動補助具として

I.パーソナルゾーンまたはスペース

ユーザーは、物体または障害物が個人空間内にある場合、つまり1.5-2フィート(0.5メートル)の場合、最初に振動フィードバックを解釈できる必要があります。 ユーザーは、オブジェクトが存在し、個人のスペースまたはゾーン内に存在しないときに解釈する方法の学習を開始することをお勧めします。 簡単な練習は、2人(学生とインストラクター)で行うことができます。

  1. 1.5-2フィート離れたユーザーの前に立っている人。 を着用しているユーザー Sunu Band 手を彼らの側に持ってきます。 ユーザーが彼らのすぐ前にソナーセンサーを向けていることを確認してください。 ユーザーは、ソナーが直接前方に照準を合わせていることを保証するために、手のひらを腿の側面に対して平らにすることができます。
  2. ユーザーにどのような振動感覚を感じているか尋ねます。 ユーザーは、他の人が近くにいるため、一定の振動を感じているはずです。
  3. これで、ユーザーの前にいる人が離れ、ユーザーの前に直接障害物がなくなりました。 ユーザーに今何を感じているか尋ねます。 ユーザーは振動パルスを感じてはいけません。

II。 物体または障害物への近さを知る

近接スキルは、ユーザーが Sunu Bandの振動フィードバックにより、物体までの距離または距離を知ることができます。 ユーザーは、距離の関数として振動フィードバックがどのように変化するかを理解することが重要です。 このスキルは、いくつかの簡単な演習を行うことで習得できます。 最初の演習は、インストラクターと生徒の2人で行うことができます。 Sunu Band.

  1. ソナーセンサーがユーザーの真正面に照準を合わせていることを保証するために、生徒を所定の位置に立て、両手を横に持ってもらいます。
  2. これで、2人目の[インストラクター]がユーザーの前に、そしてユーザーの近くに立つことができます。 上記の演習と同様に、ユーザーに何を感じているかを尋ねます Sunu Band。 ユーザーは一定の振動を感じているはずです。
  3. 2人目の[インストラクター]はユーザーから離れ、ソナーが照準を合わせている方向と同じ方向に留まるようにします。 繰り返しますが、2番目の人[インストラクター]がユーザーから遠ざかりつつあるときに感じている振動をユーザーに説明してもらいます。
  4. 練習を繰り返し、二人称でアプローチして、 Sunu Band ユーザー。

別の演習では、 Sunu Band ユーザーは、既知の大きな障害物に向かって歩きます。 ユーザーが壁に向かって(および壁から)歩くことは、ユーザーに近接スキルを習得させる安全で制御された方法です。

持っている Sunu Band ユーザーはこの演習を繰り返します。 この時点までに、ユーザーは壁に近づく前に停止する必要があるときにゲージできるようになります。

III。 近くのオブジェクトに自分を向ける スペース

この2番目のスキルにより、ユーザーは、近くのオブジェクト(近距離にあるオブジェクト)の相対的な位置を、空間内で自分自身に対して測定できるようになりました。 このスキルは、ユーザーが次のことができる一連の演習を通じて学習できます。

  • 一般的な位置の特定:オブジェクトが左、中央、または右の場合
  • 近くのオブジェクトの数を数えます。
  • 自分との関係で近くのオブジェクトの位置と相対距離を推定する

ユーザーは歩き回らなくても、ポインティングとスキャンのテクニックを練習できます。 これにより、 Sunu Band.

× お問い合わせ内容