障害物検出器を使用する

少し時間を取って、 ナビゲートボタン。 この小さなボタンはソナーセンサーから最も遠くにあり、滑らかな質感です。 これは、いくつかの機能にアクセスできる多機能ボタンです Sunu Bandの重要なナビゲーション機能(ソナー-障害物検出、プレイスファインダー、必要に応じて音声サービスをミュートするなど)。

I.ソナーまたは障害物検出器の有効化

Sunu Bandのソナーセンサーは、使用時に最大16フィート(5.5メートル)の障害物を検出できます。 屋外モード。 一方 屋内モード 個人用スペース(4フィートまたは1.4フィート)のオブジェクトについてアドバイスする場合に最適です。 手首で感じるパルスは、障害物までの距離または距離を示します。障害物がソナーの範囲内(同じ方向)にある場合、断続的なパルスを感じます。 次に、障害物に近づくにつれてパルスがより頻繁になります。 最後に、障害物に十分近づくと、パルスは一定になります。 障害物またはオブジェクトがあなたの個人的な空間内にあり、あなたから約2フィート離れていると想像できます。

ステップ1: 押します: ナビゲートボタン ソナーセンサーをアクティブにします。 あなたはどちらかが続く長い振動を感じるでしょう 1 or 2 現在のソナーモードを示すパルス。

2つのソナーモードがあります。 タッチパッドをスワイプしてモードを切り替えることができます。

屋内(短距離)モード: このモードを選択するには、タッチパッドでスワイプインします。 あなたはワンパルスを感じるでしょう。 このモードは、4フィート(1.3メートル)の範囲で障害物を検出し、検出領域が狭くなります。 屋内スペースのナビゲート、出入り口、コーナー、ギャップの検索、トレーリング、ラインのフォローに最適です。

屋外(長距離​​)モード: このモードを選択するには、タッチパッドでスワイプアウトします。 このモードがアクティブであることを示す16つのパルスを感じます。 このモードは、最大5.5フィート(XNUMXメートル)の範囲で障害物を検出し、検出領域が広いため、屋外スペースに最適です。標識、木の枝、茂みなどを見つけるときに役立ちます。

常にビームと感度をSunuアプリから直接調整できることを覚えておいてください。

押します: ホームボタン ソナーまたは障害物検出アプリを終了します。

新しいSunuアプリバージョン6.0以降でソナーをアクティブにする

新しいSunuアプリでは、選択が簡単になり、障害物検出は回転式に機能するため、最初のスワイプで 屋内モード、同じ方向にもう一度スワイプして切り替えます 屋外モード、 今、XNUMX回目のスワイプで 障害物検出をオフにする。 このサイクルはXNUMX回スワイプするたびに繰り返され、反対方向にスワイプするだけで元に戻ることができます。


× お問い合わせ内容