My Sunu Band タブ

このガイドはTheMyに焦点を当てています Sunu Band iOS用Sunuアプリの左から右へのXNUMX番目のタブにあるタブ。 それはあなたにすべてへのフルアクセスを提供します Sunu Band このタブの機能。

私の Sunu Band タブを使用すると、エクスペリエンスをカスタマイズできます Sunu Band; デバイスのペアリング/ペアリング解除、更新、調整を行うことができます。 アクセス Sunu Band 電池残量やデバイスのクイック設定などの情報。 さらに、トグルスイッチで音声サービスをアクティブ/非アクティブにしたり、アラームを設定したり、時計の設定や障害物検出の設定を調整したりできます。 

また、使用方法をガイドするクイックスタートガイドもあります。 Sunu Band 音声プロンプトが各ボタンの機能についてアドバイスする一連の手順を実行します。  

クイックアクセス機能とソナー構成について詳しく説明します。これらは、 Sunu Band.

優先機能

優先機能は、ナビゲートボタンをXNUMX回押すと開始する機能です。 デフォルトでデバイスが起動すると、コンパスアプリがトリガーされます。

さらに、優先機能を使用すると、ナビゲートボタンをダブルクリックしてお気に入りの機能をトリガーできます。 このオプションを使用すると、お気に入りの機能を選択して、お気に入りの機能として設定できます。

以下のすべてのオプションから選択できます。 

  • コンパス
  • ここはどこ
  • 場所
  • 私のお気に入り
  • ストリートポインタ

最後に、トグルスイッチを使用してコンパスアプリをオフ/オンにすることができます Sunu Band スマートフォンとペアリングされていません。

機能メニュー

機能メニューには、使用可能なすべての機能が含まれており、メニューを開いたときに(ホームボタンをダブルクリックして)アクセスするすべてのオプションをオンにすることで、選択をカスタマイズできます。 Sunu Band. 

現在、カスタマイズ可能なすべての機能は次のとおりです。 

  • 方位磁針。  
  • ここはどこ。
  • 場所。
  • 私のお気に入り。
  • ストリートポインタ。 

注意: 機能オプションをオフにすると、このオプションはで使用できなくなります Sunu Band オンに戻るまで。

ソナー構成

このオプションでは、屋内モードと屋外モードの障害物検出設定を調整できます。 

手のジェスチャーを有効または無効にするためのトグルスイッチを使用できます。*

さらに、下部にスライダーバーがあり、振動の強さを調整できます。 左にスライドして振動を和らげ、右にスライドして振動を強めます。

*ハンドジェスチャを使用すると、腰をダブルタップして障害物検出モードを一時停止できます。

手首の好み

このオプションを使用すると、携帯する手首を選択できます。 Sunu Band に。 

あなたは使うかもしれませんが Sunu Band 自分に合った手首には、盲導犬や白杖の反対側に着用することをお勧めします。   

屋内モードと屋外モード

注意: これらのオプションは、次の場合にのみ表示されます Sunu Band スマートフォンとペアリングされています。 

スライダーを調整する 

右にスライドすると、感度と距離範囲が広がります。 一方、左にスライドすると、スコープと感度が低下します。 

VoiceOverを使用する場合は、下にスワイプしてスライダーを左に移動します。 上にスワイプすると右に移動します。  

モードのXNUMXつを選択すると、XNUMXつのスライダーバーが表示されます。 上部のスライダーバーは、範囲の距離を調整します。 デフォルトでは、 Sunu Band屋内モードでのの距離は4フィートです。 (1.2メートル)。 そして16フィート。 (4.9メートル)屋外モードの場合。

エコーロケーションの理解ガイドで説明されているように、次の場合は検出領域を低い設定に設定することをお勧めします。 Sunu Band 継続的に振動します。 

検出領域スライダーは、障害物の「大きさ」に応じて障害物を検出するパラメーターを設定します。 それを覚えておきましょう Sunu Band エコーのサイズを即座に解釈するため、障害物がどれだけ離れているかを知ることができます。 したがって、範囲を拡大または縮小することはありません。 代わりに、検出と保護のレベルを増減しています。 

野外活動には5以上のレベルを使用してください。 ハイキングや公園など。 混雑したスペース、地下鉄、スーパーマーケットにはレベルXNUMX以下を使用してください)。  

触覚フィードバック

このオプションでは、スライダーバーを使用して、障害物検出中の振動の強さを調整できます。 

振動を和らげるには、左側のスライダーに移動します。 (VoiceOverでレベル0)。 

バイブレーションを強化するには、スライダーを右に動かします(VoiceOverを使用したレベル2)。 

デフォルトのパラメータをリセットしたい場合は、をタップします デフォルトに戻す。

てぶり

ハンドジェスチャを使用すると、腰をダブルタップして障害物の検出を一時停止できます。 ボタンを押さずにソナーセンサーを昼寝する必要がある状況で役立ちます。 

この機能により、手を邪魔することなく、外出先で障害物検出センサーを制御できます。 

ここからこの機能をオン/オフにするトグルスイッチがあります。 

ハプティックウォッチ

12時間形式と24時間形式から選択できます。 さらに、スライダーバーを使用すると、時計の音声速度を調整できます。 

触覚フィードバックのみ、音声フィードバックのみ、またはその両方をアクティブ化できます。 

クイックスタートガイド

クイックスタートガイドでは、最初に接続したときにバンドを使用する方法を段階的に音声で説明し、数秒でスピードを上げることができます。